刀:無銘(伝 延寿)

ご注文番号:17651

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(伝 延寿)
        
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 (伝 延寿)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:66.5センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:2個
元幅:2.875センチ
先幅:2.05センチ
重ね:0.57センチ
時代:鎌倉時代末期から南北朝時代
体配:大摺上無銘で身幅、重ね頃合いとなり
表裏に棒樋を彫り添樋を彫る
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり肌立ち淡い映りが現れる。
刃紋:直刃出来に小乱れが混じり打除が混じり
足が入り帽子丸く返り先掃掛となる。

特徴: 延寿派は山城の刀工来国俊の門人と伝える国村を祖として
鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて肥後国菊池に栄え、
南朝の忠臣菊池家の抱工であったとして名高い。菊池家の衰退と共に戦国末期まで続いた。
国村、国資、国吉、国泰、国信等殆ど時代を同じくして
同名数代あり、二字銘が多い。作風は良く来一派に似た所がある。
本作も来一派の特徴を良く表し直刃出来に品格のある冴えた出来。

拵:状態の良い拵えです。
鍔:木爪型鉄鍔にお坊さんと思われる人物と籠を背負う人物、
梅の木を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:家紋を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:延寿一派の作品は直刃出来に終始し
穏やかな作品で地金は来地金となり綺麗な澄んだ地金が多く
淡い映りが現れ帽子は丸く返る作品が多い。
江戸時代にはその作風は肥前刀に踏襲されていきます。 
穏やかな中に美しい地金は例えようも無い作品です。
               
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

950,000円 → 850,000円(消費税、送料共)値下げしました

ご注文はこちら


ページトップ ご注文フォーム お問合せ