刀:無銘(伝千手院)

ご注文番号:18152

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(伝千手院)      
                  
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(伝千手院)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:71.2センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:3個
元幅:2.97センチ
先幅:2.05センチ
重ね:0.55センチ
時代:鎌倉時代初期頃
体配:大摺上げ無銘で、表裏に棒樋と添え樋を彫り
身幅が広めで反り適度に月切先が延びた体配の作品。
地鉄:板目肌柾に流れで地錵が良く付き、
鉄色黒みを帯びた色調に潤いがあり無類に良い地金となる。
刃紋:小錵出来出来、匂口の深い小互の目に
二重刃がかかり,ほつれ、打除が刃入り
刃中細かな砂流、金筋が働く。
帽子:大きくのたれて先掃掛となる。
特徴:大和五派に中で最も古く興ったのが
千手院派で古伝書によれば平安時代後期には行信。重弘の
二工銘がいたと述べている。しかしながら彼等の確実な作品は末見で
現存する作品は千手院とのみ刻した太刀と
大和住人重行銘の太刀で、いずれも鎌倉時代初期と見られる。
その後の有名作は少ない。
葵美術より一言:千手院一派は大和の刀工で
直刃基調に匂口の深い小互の目乱れの作品が多く
本作も同様に匂口深く格調ある作品です。
瑕や欠点が少ないのは無垢鍛えと考えられます。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 900,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


ページトップ ご注文フォーム お問合せ