刀:無銘(下原)

ご注文番号:09273
刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:無銘(下原)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(下原)としては上作にランクされる作品です。
ハバキ:銀一重
刃長:66.8センチ
反り:2.7センチ
目釘穴:1個
元幅:2.91センチ
先幅:1.88センチ
重ね:0.58センチ
時代:江戸時代寛永頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの深い刀。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり良く練れて肌立ち地錵が付く。
刃紋:錵出来匂口やや深くのたれに、足が良く入る。

特徴:下原刀とは武蔵、現在の八王子近辺で活躍した刀工群を云います。一般的には武州下原と呼称されます。
出来の良い作品が多い割には下原という銘が邪魔したのかもしれず
下原と切るなどと江戸の華やかな作品とは異なっていたそうです。
北条氏の肥後の元に栄えた刀工群でしたが江戸時代となり徳川家
庇護の元この下原鍛冶は刀剣の製作を続けることが出来ました。
   
葵美術より一言:本作は一見すると古刀にも紛れる雰囲気を持った作品です。所々錆びている部分もございます。ご希望の方には研磨別途5万円にて承ります。

保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格:280,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ