刀:無銘(三原)

ご注文番号:21305
刀:白鞘入り、
銘:  無銘(三原)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 上作 としてはにランクされる作品です。
研磨済み

はばき:素銅地金色一重鎺
刃長:70.5センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:1 個
元幅:2.9センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 715グラム
時代:室町時代初期
体配:大擦上無銘で身幅、重ね尋常な反りが深くつき鋒が伸びる
地鉄:板目肌に小板目肌が混じり地沸がつき肌目がよく見て取れる
鎬地:柾目肌が流れる。
刃紋:沸出来直刃、物打ち近辺からは刃紋は染みて判然とはしない。
特徴:三原派は備後国に居住した一派で、鎌倉末期に始まり、室町末期にわたって繁栄する。この地方には東寺や蓮華王院など大和中央の社寺の荘園が多く、三原派の作風に大和気質が窺えるのはこうした畿内中央との交流によるものと推測される。

葵美術より一言 本作は室町時代の三原と称される作品で反りの深い堂々とした体配ではありますが、時代の経過を経て疲れた部分もございます。 特に物打ち近辺からは刃紋は染みており刃紋は識別がぼんやりとしております。その部分を補修するために研磨師は締まった直刃を繕っております。あまりにも上手な補修なので見入ってしまいました。なを繕いのある刃紋の上部の地肌の部分の地金は素晴らしく青江を見る風情の地金です。欠点はあるものとても楽しめる作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書
全身押し型

価格: 450,000円

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ