刀:無銘(三原正広)

ご注文番号:16338
刀:白鞘入り、拵え付き (特別保存刀剣)
銘:無銘(三原正広)
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 無銘(三原正広)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ一重はばき
登録証番号:東京都317250号
交付年月日:平成29年6月13日
刃長:63.6 cm
反り:0.8 cm
目釘穴:2個
元幅:2.90 cm
先幅:2.00 cm
重ね:0.69 cm
時代:南北朝時代末期。
体配:やや短めの刀でありますが身幅、重ね尋常な切先の延びた健全な大摺上無銘の作品。
地鉄:板目肌の杢目肌が混じり地錵がよく付き地景が入りちりちりとした縮緬肌が見て取れる。
鎬地:板目肌に杢目肌が混じり柾目が入る。
刃紋:錵出来直刃、二重刃が混じり地には映りが表れ帽子丸く返る。
特徴:備後國三原の地に繁栄した刀工群を古三原と称する。なかでも三原正広は正家と並ぶ代表的な刀工です。
本作は無銘であるが、三原正広と個銘を以て鑑定された作品で、
大和系統の作風とともに隣国の青江の性質を合わせ持つ出来素晴らしい刀です。特に地金の美しさは青江にも匹敵します。
拵:
鍔:円形の鉄鍔に見るも華やかな牡丹の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚子地に虎と竹を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘。
目貫:赤銅地に花の文様を高彫りし金の色絵をほどこす。
特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:800,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ