刀:無銘(高田)(保存刀剣)

ご注文番号:22244
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(特別貴重刀剣)

銘:無銘(高田)(保存刀剣)
無銘(氏房)(特別貴重刀剣)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(高田)保存、(氏房)特別貴重 としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:素銅地に銀一重
刃長:2尺3寸 69.7 センチ
反り:4分 1 .212センチ
目釘穴:3個
元幅:3.1センチ
先幅:2.19センチ
重ね:0.58センチ
刀剣重量   705グラム
時代:室町時代末期から安土桃山時代
体配:大擦上無銘で身幅、重ね尋常な反り適度に付き切先がのびた体配の良い姿をした作品です。
地鉄:小板目肌、柾に流れ地鉄細かく詰まり淡く白気映りが現れる
刃紋:匂い出来に互の目乱れとなり足良く入る。帽子は乱れこ、先が小丸に返る

特徴:本作は保存刀剣では高田ときわまり特別貴重刀剣では氏房と極まりました。高田物ではこれほど乱れ込んだ刃紋はあまりなく、かといって氏房の刃紋とは異なる様に思えますが、高田で保存に合格しておりますのでそのように考えさせて頂きます。

拵:
鍔:丸形の鉄鍔に家紋を彫る
縁頭:赤銅地
鞘:黒変わり塗り鞘
目貫:赤銅地に蜜柑を彫り、素銅で色絵を施す。

葵美術より一言 室町時代末期の匂い出来の作品で切先が乱れ込んでおります。出来が素晴らしく、一見すると室町時代中期以前に作られたように見えます地鉄に緩みのない素晴らしい作品です。拵えはあまり上等ではありませんが、江戸時代に侍が保有していたものだと考えます。出来の良い御刀ですので是非お求めください。長さもあり鑑賞用として十分堪能できる作品です。

保存刀剣鑑定書
特別貴重刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳
※海外送料別途

価格:380,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ