刀:無銘(金行)(第48回重要刀剣)

注文番号:17596
刀:白鞘入り、拵え付き(第48回重要刀剣)
銘:無銘(金行)                            
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 金行としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:67.6センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:3個
元幅:2.985センチ
先幅:2.46センチ
重ね:0.64センチ
時代:南北朝時代末期頃
体配:大摺上無銘の刀で表裏に棒樋を掻通し
身幅が広く重ね厚く反り適度に付き大切先の豪壮な体配となる。
地鉄:板目に杢目が良く混じり黒味のする地金に細かく
地景が入り地には淡く白気映りがあらわれる。
刃紋:小錵出来、小互の目乱れ、尖り互の目乱れが混じり明るく冴える。
帽子乱れ込む。
特徴:正宗十哲の一人として名を成した金重の子として知られた金行は
師匠の作風と良く似た作品を制作する。美濃には兼氏を初めとして
兼定、兼元、志津一派など多くの刀工が活躍しております。
金行は派手さはないものの落ち着きのある小互の目乱れを焼き
明るくさえた作品を制作します。
拵:
鍔:円形の鉄鍔に木の葉の文様を彫り透かす。 江戸時代後期
縁頭:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
葵美術より一言:本作の作品は大摺上げ無銘の体配の良さと
特に地金の鍛えが良くその詰んだ地金の良さに圧倒されます。
重要刀剣に合格した健全な作品で皆様にお薦め出来る作品です。
第48回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:2,200,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ