刀:無銘(越前兼法)

ご注文番号:19035

刀:白鞘入り(保存刀剣)(刀剣研究連合会鑑定)

銘:無銘(越前兼法)

新刀
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(越前兼法)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金色絵一重はばき
刃長:70.3センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:2個1個埋め
元幅:3.13センチ
先幅:2.41センチ
重ね:0.68センチ
刀身重量:830グラム
時代:江戸時代初期頃
体配:1寸程の摺上げ無銘で表裏の棒樋を彫り
身幅が広く重ね厚く反りやや深く付き
切先が多きく延びた体配の良い作品です。
地鉄:板目肌肌立ち地錵が付き肌目が良く見てとれる。
差裏の横手から15cmくらいの所に瑕があります。
薄錆もありますが、然程目立たない。
刃紋:錵出来互の目乱れ、角張り高低があり小足が入る。
帽子:のたれて丸く返る。

特徴:越前兼法は越前の刀工で江戸時代初期に活躍する。

葵美術より一言:一見すると飛騨守氏房に似た作品で
慶長新刀の体配をした作品です。
刀剣博物館では越前兼法と鑑定されました。
いずれにせよ室町時代末期の安土桃山時代の作風が色濃く残った
姿形の良い作品です。

時代背景:戦国時代

保存刀剣鑑定書  
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 480,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ