刀:無銘(藤原高田)(賀光)

ご注文番号:07431
刀:拵え入り(保存刀剣)(特別貴重刀剣)(委託品)

銘:無銘(藤原高田)(保存刀剣)
無銘(賀光)(特別貴重刀剣)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(藤原高田) としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
登録証番号:
はばき:素銅地一重
刃長:68.5センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:2 個
元幅:2.85 センチ
先幅:1.98センチ
重ね:0.59センチ
刀身重量: 570グラム
時代:江戸時代寛永の頃 1624年
体配:摺上無名の作品で身幅。頃合い反りが深く付き切先が伸びる
地鉄:.小杢目肌良く詰んで練れ地錵が良く付き綺麗な澄んだ地鉄となる。
刃紋:小錵出来丁字乱れが続き帽子少し乱れて丸く返る。

特徴高田派は豊後国大分郡高田庄にいた刀工群で、その祖は友光とも友行とも言われている。
作風から見ても古い高田物には左文字色、ひいては相州色の強いものがある。
友行初代の作には建武二年から文和二年の年期がある。
大左より年期が少し下がるからその門人と見る事ができる。
高田派の中でも特に友行から室町中期、明応頃まで刀工の作は古高田と言われ、遺作が極めて少ない。
新刀期以降の物は銘に藤原と付く物が多い事から俗に藤原高田と呼ばれる。
藤原高田刀工の代表は統行・長・忠行・実行・輝行・行光・正行等がおります。

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に龍と波を高彫りする。銘が有りますが判然とはせず
縁頭:赤銅地 に馬の図型を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒呂色さや。
目貫:赤銅地に牛の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。  銘があるが判然とはせず
割笄   鉄地に 関運千代弥やと彫る

葵美術より一言:本作は過去の刀剣博物館では賀光と鑑定されたが
最近の鑑定では藤原高田と鑑定されました。 
私見では丁字乱れでありますが映りが無く反りが深いのですが働きがやや
単調であり帽子の刃紋から豊後高田が正しい鑑定であると考えます。
すっきりとした体配の良い作品に拵えはそれほど豪華ではありませんが
しっかりとした作品で居合い刀として、又鑑賞用として好適な作品です。

時代背景:戦国時代が終了し江戸時代となり世の中が落ち着きを取り戻した時代

保存刀剣鑑定書
特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 420,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ