刀:無銘(石州出羽貞綱)  

ご注文番号:10496

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:無銘(石州出羽貞綱)  

中古刀:上作:石見 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(石州出羽貞綱) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地に金と銀着せ二重はばき。
刃長:69.4センチ
反り:1.3センチ
目釘穴: 3個
元幅:2.66センチ
先幅:1.87センチ
重ね:0.61センチ
刀身重量: 635グラム
時代:南北朝時代末期明徳1390年
体配:大摺上無銘で身幅、重ね頃合いとなり、反り適度に付き切先が伸びる。
地鉄:板目肌良く練れて地錵が良く付き、地景が入り
映りが現れ地金に黒味のする作品で柾目が入り肌目が良く見てとれる。
鎬地;板目肌の柾目が入り、大肌が見て取れる。
刃紋:錵出来丁字乱れに互の目乱れが混じり
刃中、砂流し、細かな金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先焼き詰風となる。

特徴:石洲貞綱の祖は直綱でその子供が貞綱である。
作風は北国物といわれ、黒味のする作品で地金は肌立ち
どこか野趣に富み肌物といわれ地金の変化に富んだ
地金に興味が尽きません。

拵:華やかな刀拵え
鞘:金梨地鞘に桜の花を高蒔絵をほどこす。
鍔:真鍮地の木瓜鍔に飛ぶ蝶の図柄を彫る
縁頭:真鍮地で唐草模様を彫る
目貫:葵の家紋を高彫りし、金色絵をほどこす。
小柄:木製に青貝で桜の花びらを彫る
笄:木製に青貝で桜の花びらを彫る。

葵美術より一言:長さも充分な作品で変化の有る作品です。
拵えはそれほど時代はありませんが良くここまで制作したものと感心させられます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格 850,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ