刀:無銘(直綱) (刃切れ)

ご注文番号:AS18338

刀:白鞘入り(特別貴重刀剣)

銘:無銘(直綱)(刃切れがある)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(直綱)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ二重
刃長:69.8センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:3個
元幅:3.0センチ
先幅:2.4センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量:820グラム
時代:南北朝時代 1350年
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き
表裏に棒樋を掻き通し切先が大きく伸びる。
地鉄:板目肌良く練れて地錵が良く付き、奇麗な地金となる。
刃紋:錵出来、匂口の深い互の目乱れとなり、
足良く働き刃中、砂流し、金筋が働く。

特徴:石州貞綱は、古来本阿弥家により相州正宗十哲の一人に数えられた
名工直綱の子と云われる。石州(現在の島根県)は
古来より製鉄が盛んに行われた地で、一派は大いに繁栄した。
貞綱は三代を数える。

葵美術より一言:本作は残念ながら刃切れがあります。 
折角、特別貴重刀剣に合格してはおりますが、
出来も良く健全な作品であるだけに惜しまれます。
南北朝時代の参考刀としてお楽しみ下さい。 

特別貴重刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 350,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ