刀:無銘(畠田光守)

ご注文番号:17527

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(畠田光守)
              
古刀:上々作:備前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 畠田光守としては最上作にランクされる作品です。
上々研磨済み
はばき:金着二重
刃長:63.0センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:3個
元幅:3.01センチ
先幅:2.175センチ
重ね:0.65センチ
時代:鎌倉時代中期、弘応の頃 1278年
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常な反りが深く
表裏に棒樋と添樋を彫り帽子、中忌っ先となる。
地鉄:小杢目肌よく詰んで地錵が微塵に付き潤いがある。
刃紋:匂出来丁字乱れとなり足良く入り葉が盛んに働き
砂流、金筋が働き明るく冴える。
帽子、乱れ込んで刃中、葉が入る。

特徴:畠田光守は畠田一派の刀工でその祖は畠田守家といわれ
その門人で鎌倉時代中期弘安頃に活躍した刀工です。
光守の在銘作は極めて少なく、重要美術品に2点があります。
畠田守家の刃紋は丁字乱れで一文字とは変わらない出来をしております。  
弟子である畠田光守も同様な刃紋を制作し本作の出来は錵崩れがなく
健全な地金と刃紋で一見すると新々刀の如く見える程健全であります。
   
葵美術より一言:大摺上げ無銘でありますが畠田光守と極められた作品で
反りが深く付き表裏に棒樋と添樋を彫り抜群の地金の良さに映りが表れ、
丁字乱れ鮮やかに明るく冴えて刃中には小足、葉が盛んに働き最高級の作品です。 
畠田一派は備前に近く一文字と同様な刃紋を呈しております。
代表作は堀田家伝来と秋本家の折り返し銘が共に重要美術品として知られております。
本作は一文字風の作品で刃中の働きが横溢で最上研磨がほどこされ
明るく冴えた作品で差し込研磨で行われて、刃中の働きの葉、砂流、金筋が明瞭に識別出来、
帽子も健全な傑作刀であります。  
是非お求めをお薦め出来る作品です。

時代背景:弘安4年元、高麗軍が対馬、隠岐の島に来襲する。 弘安に役が起る。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 3,000,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ