刀:無銘(桑名打ち 義明斎広房)

ご注文番号:19081

刀:白鞘入り、拵え付き(委託品)

銘:無銘(桑名打ち 義明斎広房)                          

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地二重に金色絵はばき。
刃長:70.6センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:3個
元幅:3.23センチ
先幅:2.37センチ
重ね:0.81センチ
時代:江戸時代末期頃
体配:摺上げられた作品で身幅が広く重ね厚く
反りが深く付き切先がのびた堂々とした
末備前を思わせる作品です。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地金となる。
鎬地:小板目肌に杢目が混じり細かな柾目が入る
刃紋:小錵出来のたれ互の目乱れに刃の上部から
足が三本くらい働きその様な刃紋が連続して切先迄連なる。

特徴:本作はその姿の良さから末備前の作品に酷似しております。
仔細に鑑賞しますと映りが無く地金が綺麗で
末備前独特の荒れた部分がない事。刃紋が互の目乱れに
頭から3本程の刃紋が入りその刃紋が連続して切先まで続くなど
新々刀の様子が見て取れます。すなわち幕末に復古刀が
流行した時代に千子正重、固山宗次、義明斎広房による桑名で
制作された桑名打ちの作品と考えられます。刃紋に硬さがある事と飛焼
が点線状に現れるのも桑名打ちの特徴と言えます。
中には末備前の数打ちとして正真で通っている作品もあり
その出来の良さには驚かされます。

拵: 現代拵え (評価はなし)

葵美術より一言:摺上げられた作品に見せる為に
目釘穴を3個開けて兼光当たりを狙って制作した作品と考えられ
身幅も広く重ねもしっかりと反りも深く、
切先も大きくのびた堂々とした体配の作品です。
鎬も柾目は少なく古刀然としております。 
残念ながら江戸時代後期の作品といえます。
拵えは付いておりますが付け足しとしてお考えください。 
研磨もしっかりと行われ、鑑賞として、
上級な居合刀として是非御薦め致します。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.