刀:無銘(末関)

ご注文番号:17482

刀:拵え入り

銘:無銘(末関)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(末関)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:70.3センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.83センチ
先幅:2.21センチ
重ね:0.56センチ
刀身重量750グラム
時代:室町時代末期
体配:身幅、重ね尋常な反りが深く付き切先が延びた体配の作品。
地鉄:板目肌、肌立ちよく練れて柾目に流れる
鎬:板目肌に柾目が流れる
刃紋:錵出来ややばさついた互の目乱れとなり帽子掃掛となる。
鎬地に焼が所々はいる。

特徴:地金と刃紋から室町時代末期の関物と鑑せられる作品です。

拵:現代
鍔:円形の鉄鍔に水仙を高彫りし透かしを入れ
周りを真鍮で象嵌をほどこした平安城とおもわれる作品
江戸時代中期頃

葵美術より一言: 時代は室町時代末期の作品で
出来から末関の作品と考えられ
いかにも切れ味の良さそうな作品です。
鍔は江戸時代中期の作品です。
刀身の重量は750グラムとやや軽量で
居合で刀身の重量で悩んでおられる方には振り易く宜しいかと思います。

時代背景:室町時代の戦国時代

保証:保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:300,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD

————————————————————————————————–
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
————————————————————————————————–

ページトップ ご注文フォーム お問合せ