刀:無銘(新々刀寿命)

ご注文番号:15144

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(新々刀寿命)          
                         
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(新々刀寿命)としては普通作作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:69.6センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:4個
元幅:3.15センチ
先幅:2.33センチ
重ね:0.765センチ
時代:江戸時代後期
体配:大摺上げ無銘で表裏に棒樋を彫り
身幅やや広め重ね厚く反り浅い切先の延びた体配の作品
地鉄:小板目肌練れて地錵が付き所々荒れた部分がある。
刃紋:小錵出来、互の目乱れとなり足、葉が働く。
帽子:丸く返る。

特徴:刀剣博物館の鑑定では新々刀寿命と鑑定された作品です。
一見すると大摺上げ無銘で古く鑑せられる作品ですが
地金が詰んで映りがなく、恐らく古刀に見せるために見せた作品と考えられる。

拵:
鍔:各張った素銅地の鍔に波と龍を彫る。
縁頭:素銅地
鞘:小豆色鞘
目貫:素銅地で牛の図型を彫る

葵美術より一言:一見すると古さを感じさせる作品ですが仔細に見ると
地金が若く表裏に棒樋を掻き通し目釘穴をいくつか加えて古刀に見せた作品といえます。
無銘には偽物はないと言われております様に刀剣博物館では新々刀寿命として鑑定されております。
寿命は古来数多く制作されたのは寿命が延びるという事で
引き出物として御祝い刀として扱われておりました。
多少瑕はありますが鑑賞用として居合刀としてお薦め致します。
拵えも素銅地一作で品格のある作品と火投げます

葵美術正真鑑定書: 保存刀剣鑑定書: 全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ