刀:無銘(新々刀会津道長) 

ご注文番号:17647

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(新々刀会津道長) 

新々刀:中上作:岩代                             
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(新々刀合津道長)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:65.9センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.65センチ
先幅:1.815 センチ
重ね:0.58センチ
刀身重量:485 グラム
時代:江戸時代末期頃
体配:磨り上げ、区送りがあるが、ほぼ初茎といって良い作品です。
身幅、重ね尋常な反り深く付き大切先となる。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が良く付き奇麗な無地風の作品
刃紋:錵出来、のたれに小互の目乱れが混じり
刃中、砂流しが盛んに働き金筋が混じる
帽子:乱れ込んで先、掃掛けて返る

特徴:会津道長は三善長道の前銘といわれているが本作は代下がりの刀工で江戸時代末期に活躍した刀工です。
        

拵:太刀拵え
鍔:太刀鍔うぃ赤銅地 魚子仕立てとしる
大切羽:赤銅地 魚子仕立てに龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地 魚子仕立てに雲竜の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:金梨地に雲龍の図柄を高蒔絵をほどこす。
目貫:龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:一見すると千手院を思わせる刃紋でありますが刀剣博物館では新々刀の会津道長と鑑定されました
出来の優れた作品です。拵えの太刀拵は華やかな赤銅地 魚子仕立てとして金蒔絵の龍を高蒔絵をほどこした
見事な作品です。是非お薦めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,300,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ