刀:無銘(手掻包清)

ご注文番号:18419

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(手掻包清)
                                 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(手掻包清)  としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地金色絵一重はばき
刃長:64.4センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:3個
元幅:2.86センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.56センチ
時代:南北朝時代末期
体配:大摺上げ無銘でやや短めの刀ですが
身幅、重ね共にしっかりとした作品で反り
浅く切先の延びた体配の刀
地鉄:小板目肌の杢目肌が混じり地錵が厚く付き
綺麗な良く詰んだ地金となり淡い映りが現れる。
刃紋:小錵出来、直刃に小のたれが混じり
刃中、小足、葉が働き、砂流に金筋が長く働く
刃縁が柔かく朝霧の煙る風情をした作品で明るく冴える。

特徴:本作は無銘であるが手掻包清と鑑定される。
包清は手掻一派の刀工で鎌倉時代の包永を祖としている。
手掻派は東大寺の西正面にある転外門の外辺に居住し
東大寺の僧兵の為に制作したと伝えられ
制作年代は在銘の短刀がある所から
鎌倉時代末期の作品と考えられます。
    
拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に真鍮象嵌をほどこした
縁頭:赤銅魚魚子地に雲の図柄を高彫りする。
鞘:焦げ茶色の鞘に蜻蛉と花の図柄を金の色絵をほどこす。
目貫:龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
返り角蝶の図柄

葵美術より一言:手掻ではなく手掻包清と銘を極めた作品でより優れた作品と言えます。
特に地金が精緻で映りが表れ柔らかな地鉄となり刃紋は直刃の小足が入り
金筋が働き帽子は掃掛となるなど名品の様相を遺憾なく発揮しております。

葵美術評価鑑定書:特別保存刀剣
全身押し形

価格: 850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ