刀:無銘(尻懸)(特別保存刀剣)

ご注文番号:AS22122
刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(拵え:保存刀装具)

銘:無銘(尻懸) 

鞘書:初代尻縣 大擦上無銘也鎬筋高く作り込板目、刃寄に流れる肌合いに直刃調に互の目交え厚く沸つき砂流
金筋、湯走りほつれ等目立つ刃紋を焼き
帽子の掃掛けて焼き詰めを結ぶなど
大和色が顕著なり取り分け互の目
連濃心交える点を勘案すれば同派と鑽せられ
滋味豊富也刃長二尺二寸9分  探山誌

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(尻懸)としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着一重
刃長:69.4センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.81センチ
先幅:1.76センチ
重ね:0.63センチ
刀剣重量 665 グラム
時代:鎌倉時代末期
体配:大擦上無銘で鎬が残り反りが深くついた作品
地鉄:板目肌に大板目、杢目が混じりかすかに映りが現れる
刃紋:小沸出来小互の目乱れが働き小足が働き葉が働く、刃中砂流が働き金筋が見える。
帽子丸みを帯びて焼き詰め風となり、尻縣風の働きがよく見て取れる。

特徴:の作品と考えられ体配は大擦上無銘で反りが強く切先はやや伸び心の作品で鎬地にも大板目に杢目の柾目を感じさせ一時代古さを感じさせる。大和5派には当麻、保昌、尻縣、手掻、千手院がいるがいずれも僧院の守りを固める刀剣を製作する人物であった、そのため在銘の作品が極めて少なく無銘極めの作品が多い、その中で尻縣は刃紋互の目が入る作が多く、田野辺先生も本作は初代尻縣と鑑定されておられます。

拵え:太刀拵え
鍔:太刀鍔、唐草模様と四つ目菱紋と鞠挟み紋を彫り金色絵をほどこす。
縁頭:唐草模様と四つ目菱紋と鞠挟み紋を彫り金色絵をほどこす。
目貫:その他金具:剣巻龍を高彫し金で色絵をほどこす。
鞘:金梨地鞘に四つ目菱紋と鞠挟み紋を金蒔絵。

葵美術より一言 滋味が得られ豊富な作品で樋がないため、鎬地をよく似て取れる。 板目肌に杢目肌が良く見てとれる。地鉄の華やかな部分と刃紋の華やかさがよく出ております。 鎌倉時代の作品ながら良く健全に保存されてきたのかと驚こされます。当時から大名ものとしてお腰物の係によって手入れをよくなされた作品と考えられます。是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
拵え:保存刀装具(*近日発行予定)
葵美術評価鑑定書
全身押し形 鶴田文佳

オークション開始価格:2,250,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら







当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ