刀:無銘(大和志津)

ご注文番号:AS16287

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(特別貴重刀剣)

銘:無銘(大和志津)  
 
鞘書:薙刀直し無銘也 志津風に大和気質が混在し沸出来の妙味を顕著に示す優品而取り
温陶なる大板目の肌合は味わい深し 時代延文の頃 田野辺先生鞘書

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(大和志津)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:62.8センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:4個
元幅:2.9センチ
先幅:2.75センチ
重ね:0.75センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上無銘で身幅が広く重ねが薄く大切先の体配の良い姿をした作品
地鉄:板目肌の大板目肌が混じり地錵がよく付き地景が入りよく練れた肌目が良く
見てとれる地金となる。
刃紋:錵出来、匂口の深い互の目乱れとなり二重刃がかかり刃中、砂流、金筋が働く

特徴:大和志津は、正宗十哲の一人として名を馳せた兼氏は
その後弟子の一部は濃州多芸郡志津に移住した後の刀工群を指す大和志津と称している。
直江に移住した刀工群は直江志津と呼ばれている。一般的に大和志津は
兼氏の直系と云われかなり高い評価を得ている。
本作は地金の野趣に富んだ地金は相州伝に一脈通ずるところがあり
刃中の働きに金筋が盛んに働くなど見事な作品である。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に文様を透かし彫りをほどこす。銘: 国広
縁頭:鉄地に文様を金で色絵をほどこす
鞘:黒刻み鞘
目貫:鉄地で文様を刻む

葵美術より一言:この刀は、板目肌が詰んで総体に流れて柾がかり肌立ち地錵が厚くつき
地景が入り淡く棒状の映りが表れ、刃紋は直刃調に互の目乱れに
小互の目乱れが交じり小錵が付き匂口がほつれ食違刃。
打ちのけ、飛焼、湯走り、二重刃等がしきりと掛かり刃中には金筋、砂流が交じり
帽子は盛んに掃きかけるなど大和気質に相州伝を加味して働き多く魅力のある一振です。
したがって本作は、大志津包氏としても通用出来る作品です。
体配も良く上を狙える作品と云えます。

特別保存刀剣鑑定書
特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格:1,100,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ