刀:無銘(大和志津)(第36回重要刀剣)

ご注文番号:17364

刀:白鞘入り、拵え付き(第36回重要刀剣)(委託品)

銘:無銘(大和志津)        

鞘書:古極 志津兼氏 長さ 二尺二寸六分 代金子50枚 
光常元禄七年折り紙付 大正八年五月下院鑑記  本阿弥 琳雅
            
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(大和志津)としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
最上研磨
刃長:68.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.91センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.60センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常で表裏に棒樋を彫り
切先が延びた体配の良い作品です。
地鉄:板目肌実に良く練れて地錵が付き地景が激しく入り
潤いがあり一脈正宗を思わせる見事な地金となる。
刃紋:錵出来匂口の深い互の目乱れとなり、小互の目乱れ、
小のたれを交え足が入り砂流が入り金筋が働く。
     
特徴:大和志津は兼氏が濃州多芸郡志津に居住する以前
すなわち包氏と銘していた大和在住時代の作品を指すものでありますが
彼が美濃に移住した後も大和に包氏の名を襲った者が存在しており
広義にこれを含めて大和志津と呼称されている。
本作は志津風の乱れを見せているが
刃中に砂流が目立ってかかり且つ帽子が焼き詰めになる所から
大和志津と鑑すべきところがある。
重要刀剣図譜より引用

拵:肥後拵え
鍔:楕円形の鉄鍔に蜻蛉と蜂を金で色絵をほどこす。 江戸時代後期 
縁頭:鉄地に蜻蛉の図柄を金で色絵をほどこす。
鞘:上部を赤で印籠刻みをほどこし下部を茶と黒の変わり塗り鞘
目貫:素銅地で植物の葉を高彫りし金で色絵をほどこす。
鐺:鉄地に蜻蛉が3匹飛ぶ様を金の色絵で描く

葵美術より一言:本作は一見すると大志津とも鑑せられる作品で
地金は地景が激しく入り板目に杢目が良く入り貫禄のある匂口の深い互の目乱れで
名品の極みと思われる見事な出来をした作品です。
鞘書は本阿弥琳雅氏によるもので志津兼氏と鑑定が大正八年五月になされている。
なお参考として本阿弥光常の折り紙が付いております。当社では折り紙の保証は出来ません。
重要刀剣図譜には記載されていないので委託品である事で責任を持ちません。
拵えは鉄地に蜻蛉の図柄を金で色絵をほどこした洒落た図柄です。
    

第36回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 3,700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




ページトップ ご注文フォーム お問合せ