刀:無銘(圓龍子国秀)

ご注文番号:AS19638

刀:白鞘入り、拵え付き
(保存刀剣)(貴重刀剣)(拵え:特別貴重小道具(鍔は証書と異なる))

銘:無銘(圓龍子国秀)

江戸時代:弘化頃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(圓龍子国秀) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ一重ハバキ
刃長:2尺1寸8分5厘(66.212センチ)
反り:7分(2.121センチ)
目釘穴:3個
元幅:2.71センチ
先幅:2.15センチ
重ね:0.58センチ
刀身重量: 650グラム
時代:江戸時代末期
体配:身幅が尋常で重ねもしっかりとした反り深く、
切先が大きく延びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌が良く積んで皆焼風の刃文が全面に現れ綱広のごとく。
刃紋:錵出来のたれに軽い互の目乱れが続く
刃中、二重刃、砂流し、金筋が盛んに働く。
帽子、乱れ込んで複雑に絡んで金筋が働く

特徴:圓龍子国秀は江戸中山義弘の門人で安中の藩工。
作風は師匠の中山義弘に似た作品が多く
肌が一段と変化をして複雑な波紋をした肌物となる。

拵:
鍔:楕円形の赤銅地 鍔に武者と人物を高彫りし
金と素銅で描く。中国の物語からの画題であろう。銘:良紀
縁頭:赤銅地 魚子仕立てに植物の図柄を高彫りし金銀で色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色に青外散らしを入れて赤銅で家紋を漆で描く
目貫:赤銅地 で竹の野図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鐺:銀

保存刀剣鑑定書:無銘(圓龍子国秀)
貴重刀剣鑑定書:無銘(一貫斎義弘)
拵え:特別貴重小道具(鍔は証書と異なる)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 500,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ