刀:盛重

ご注文番号:20023

太刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:盛重             

中古刀:中上作
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 盛重 としては上々作にランクされる作品です。

上研磨済み
はばき:金着二重

刃長:71.1センチ
反り:2.4センチ
目釘穴:2個
元幅:2.825センチ
先幅:2.01センチ
重ね:0.4センチ

時代:南北朝時代応安の頃
体配:2寸程の摺上。区送があるが銘がしっかりと残り
身幅、重ね、尋常で反りが深く付き切先が延びた体配の優美な姿をした作品です。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じり地錵が良く付き綺麗な地鉄となり地には綺麗な映りが現れる。
鎬地:小板目肌に小杢目肌となる。
刃紋:小錵出来で丁字乱れがに足が良く働き帽子乱れ込んで先尖りごころに返る。

特徴:盛重は大宮系の作品で助盛、盛助、盛重、盛利、盛近、
盛恒、盛次、盛景等が南北朝から応永頃迄活躍する。
本作は備前長船盛景の弟子で上位に立つ盛重と鑑定されている作品です。
地金が詰んで小板目、小杢目が混じり明瞭な映りが現れる。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に鳥が羽を広げた様を透かし彫りをほどこし
羽は赤銅を象眼する。優れた図案です。  江戸時代後期頃
縁頭:赤銅魚子地に武者が鬼を対峙する様を高彫りし金の色絵をほどこす。江州彦根住藻唐子宗典製
鞘:黒呂色鞘に松葉模様を埋め込む
目貫:赤銅地で箒を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:備前長船盛景の弟子で盛重の制作した作品です。
盛重に関しては諸説存在し大宮一派とする意見と倫光の系統である盛光の弟子と考える意見とがあり、
それは逆鏨で銘を切る事と作風が盛光に似ている所から言われている。 
しかしながら私見では大宮一派の作品と考えられ体配が良く切先が大きくのびた所から時代が上がると考えます。 
堂々とした体配の良い作品で映りが鮮明に表れ地鉄が良く刃紋も丁字乱れとなり状態の良い作品と言えます。   
なを拵えも出来の良い健全な作品です。 

特別保存刀剣鑑定書

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,750,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ