刀:無銘(三原正広)(第42回重要刀剣)

ご注文番号:18541

刀:白鞘入り、拵え付き(第42回重要刀剣)

銘:無銘(三原正広)

研磨済み
ハバキ: 金着二重ハバキ
刃長:2尺4寸(72.72センチ)
反り:8分(2.1センチ)
目釘穴:2個
元幅:2.94センチ
先幅:1.89センチ
重ね:0.68センチ
時代:南北朝時代
体配:身幅、重ね尋常で反りが深い、ほぼ生ぶ茎の刀。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵付き、地景が入る。
刃紋: 錵出来、細直刃。所々二重刃現れる。刃中、小足入る。
帽子、表は小丸に返り、裏は焼き詰める。

特徴:鎌倉時代末期より南北朝期にかけて、
備後國三原の地に繁栄した刀工群を古三原と称する。
正広は正家と並ぶ代表的な刀工です。
本作は無銘であるが、三原正広と個銘を入れて鑑定された作品で、
大和系統の作風と隣国の青江の気質を合わせ持つ出来素晴らしい刀です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に龍の図を透かし彫りをほどこす。
縁頭:赤銅魚子地に龍の図を高彫りし、金で色絵をほどこす。
鞘:黒蝋色鞘
目貫:赤銅地に龍の図を高彫りする。大振りな目貫。

第42回重要刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 2,200,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ