刀:無銘(三原正家)

ご注文番号:18161

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(三原正家)

鞘書:本阿弥光孫先生
肥後国延寿国吉 長貳尺貳寸五分半大摺上無銘
表裏棒樋有之 代金子百枚
昭和16年辛巴五月下浣 本阿弥光遜
                           
中古刀:上作:大業物:備後                           
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(三原正家)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:65.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:3個
元幅:2.80センチ
先幅:2.24センチ
重ね:0.64センチ
時代:南北朝時代 延文の頃1356年 (660年前)       
体配:大摺上無銘で表裏に棒樋を彫り反り
やや浅く切先が多きく延びた体配の作品
地鉄:板目肌に板目肌が良く練れて地錵が
付き肌立つ黒味のする地景の入った強い地金となる。
地には映りが現れる。
刃紋:小錵出来、直刃に小足が柔らかく入り
刃中、明るく冴えて朝霧の雰囲気を思わせる。
帽子、のたれて切先が尖りごころに返る。

特徴:無銘であるが三原正家と鑑定された
三原鍛冶の祖として知れれた三原正家は右衛門と称し
作品は正廣より少なく刃紋に逆足が入る。

拵:
鍔:角方の鉄鍔に刻みを入れた作品。
縁頭:鉄地に金で文様を色絵をほどこす。
鞘:茶色石目地鞘。
目貫:赤銅地で龍か獏の図型を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:この作品には著名な
本阿弥光孫先生が昭和16年に肥後国延寿国吉と鞘書をした作品であり
三原正家と刀剣博物館で鑑定された作品とが付いております。 
鎌倉末期と南北朝時代初期との違いがありどちらの鑑定も捨てがたい。 
どちらとも取れる作品であり身幅が広く重ねの厚い地金が板目に
杢目が肌立った地景のある作品で重要刀剣に格上げ出来そうな作品と言えます。
拵えは派手さはないが頑強な拵えです。

葵美術正真鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 1,250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ