刀:清光作(加州)

ご注文番号:AS18540

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:清光作(加州)
                               
新刀:中上作:加賀             
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 清光作(加州 )としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:61.3センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:3.02センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや浅く
切先同様に尋常な姿をした作品です。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付きやや肌立った地金となる。
刃紋:小錵出来直刃締まる。帽子丸く返る

特徴:清光は茎尻を独特な加州茎と称する形態となる。
最も知られた作品には播磨大掾清光がおり
長兵衛清光も制作するが寛文末に前田家救済の為笠舞の非人小屋に入る。
貞亨4年の没す。非人小屋とは幕府や諸藩で設けた非人や
乞食貧民を収容し浅草、品川、加賀藩などで掘建小屋を建てた。 
厳しい経済情況の中で日本刀を制作する信念に
どのように鍛刀したのか思わざるを得ません。
なお播磨大掾清光は非人清光とは異なり、長兵衛清光、
長右衛門も非人小屋に入り刀を制作したが作刀数は極めて少なかったと考えられる。
かなり刀剣の需要が激減し困窮していた様子が窺える。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に透かしを入れる
縁頭:鉄地に線模様を入れる
鞘:変わり塗り鞘
目貫:素銅地に桐文をうれる。

葵美術より一言:本作は長兵衛清光と考えられる作品です。 
困窮した情況の中で非人小屋にはいりながらも
刀剣の制作に勤めた作者の気持ちを考えると
よくぞ頑張ったと思わざるをえません。
      

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

オークション開始価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ