刀:河内守国助

注文番号:17093

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:河内守国助          

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は河内守国助としては上々作にランクされる作品です。
新刀:上作:業物:摂津
研磨済み
はばき:金色絵二重はばき
登録証番号:福島県62691号
交付年月日:平成28年4月19日
刃長:71.6センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.1センチ
先幅:2.27センチ
重ね:0.73センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚め反りやや浅く切先が延びた体配の刀
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
鎬地;板目肌柾に流れる。
刃紋:刃区より直刃その先互の目乱れに丁字乱れが混じり足良く入り
拳丁字みだれとなり刃中、砂流、細かな金筋が入る。
特徴:本作は二代河内守國助によ刀である。二代河内守国助は初代と三代に挟まれている所から
通称「中河内」と呼ばれる。華麗な刃紋から新刀一文字と呼ぶ人もいる。
慶安(1648~)から元禄(~1703)に至る迄の作刀がある。元禄十一年(1698)八月没。
拳を握った時の状態に似ている所からいわれる特徴のある拳丁字は彼が初めて考案したと言われており、
やや技工的な部分はあるが当時から人気が高い作風である。
また、国助は安定同様に反りの極めて少ないのも特徴である。
本作は二代にあらわれる傾向の有る荒沸も無く、小沸出来で匂口の深い品格のある出来。
拵:
鍔:円形の鉄鍔に阿弥陀鑢を入れ菊の花も酔うを透かす
縁頭:赤銅魚子地に貝の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色さや、
目貫:赤銅地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
葵美術より一言:二代河内守國助は華やかな拳丁字を制作した刀工として知られる。  
本作は拳丁字はあまり目立ちませんが刃区よりの直刃、反りの浅い体配など、
よく二代国助の特徴を表しております。
昨今中々でてこない作品ですのでお薦めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:1,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————

ページトップ ご注文フォーム お問合せ