刀:永重(仙台)(長巻風)

ご注文番号:20184

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:永重(仙台)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は永重(仙台)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長: 61.9 センチ
反り: 0.5センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 3.12センチ
先幅: 2.34センチ
重ね: 0.62 センチ
刀身重量: 515 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:元々短めの刀を薙刀として拵えに入れた
大変珍しい刀であります。
地鉄:板目肌良く練れて地錵が良く付き奇麗な地肌となるが
表側に鎺元近くに小瑕が現れる。
刃紋:表側は刃区より直刃、その先匂口の深い互の目乱れに
太直刃となり刃中、太い足が柔らかく付き
帽子乱れ込んで先、小丸に匂口深く返る。
裏は匂口深めの直刃、その先互の目乱れとなり
中程は激しく互の目乱れを焼き鎬地に達する。
華やかな刃となり刃中、砂流し、金筋が働き帽子乱れ込んで先小丸に返る

特徴:永重は仙台の刀工で初代、二代とがある。  
本作は出来から二代と鑑せられ児手柏という珍しい刃紋を制作する。
児手柏とは表裏の刃紋が大きくことなっている作品をいい
本作も意識的に刃紋を異なった出来を制作したと考えられます。
   
拵:全長163センチ
柄は樫の木に黒呂色漆でストライプ状に革を巻く。上部は鮫皮に銀の輪をほどこす。
鐺:鉄地
鞘は鹿革

葵美術より一言:大変珍しい短めの刀を薙刀として合わせた作品です。  
銘の永重は江戸時代先代で活躍しており、表の刃紋は上出来の大和守安定の作品に酷似する。
相当技量が高いので安定あたりと交流があったとも考えられます。
初代は地金は柾目肌となる所から二代の作品かもしれません。  
しかし匂口の深い太直刃の作品は特に優れており
児手柏の刃紋は興味がもたれます。  
拵えは大薙刀を思わせる大変興味の有る豪壮な作品といえます。
            
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
海外送料別

価格: 300,000円(消費税、国内送料共)※海外送料別
商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ