刀:水府住徳勝作/安政四年二月日

注文番号:08549

刀:白鞘入り(保存刀剣)田野辺先生鞘書き付き。

銘:水府住徳勝作 安政四年二月日
鞘書:水府住勝村徳勝作
六字銘興安政四季紀有之 屡経眼スル草書銘也 作風ハ
同作中ニアリ穏和而地刃健體 且出来宜矣
刃長貮尺四寸九分有之

研磨済、赤銅一重はばき
刃長:75.7センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:1個 
元幅:3.10センチ 
先幅:2.05センチ
重ね:0.87センチ 
時代:江戸時代末期、1857年
体配:身幅広く、重ね厚いがっちりとした反りのある長寸の刀。
地鉄:柾目肌良く揃い、地沸が付き、柾目にそって地景が入る。
刃文:小沸出来で直刃、二重刃かかり、足葉が盛んに入り、
帽子焼き裂ける。
特徴:勝村徳勝は彦六と称し文化六年(1809)に江戸に生まれた水戸藩士である。
徳宗の門で学び一時江戸に出て細川正義、運寿是一から鍛冶の秘伝を伝えられる。
文久末年(1864)から一門で江戸の水戸藩邸に移る。作風は運寿是一に影響を強く受け、
水戸藩の気質を反映したものが多い。 明治五年(1872)六十四歳で没した。
本作は典型作で身幅広く、長寸で研磨も上研磨が最近ほどこされた作品です。
特色である柾目肌が良く出ており、柾目に添う様に刃中にあらわれた幾筋もの砂流が見事である。
保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形
田野辺先生鞘書付

価格: 1,700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
詳細は刀買取.jp委託販売規定、をご覧下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム

ページトップ ご注文フォーム お問合せ