刀:月山貞吉門人友朝吉次両作

ご注文番号:19587

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:月山貞吉門人友朝吉次両作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 月山貞吉門人である友朝と吉次としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
登録証番号:
はばき:素銅地一重
刃長:76.1センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:3.70センチ
先幅:2.70センチ
重ね:0.93センチ
刀身重量:1230グラム
時代:江戸時代末期
体配:刃長76.1cm、身幅3.70cmと豪壮な作品で
刀身の重量は1230グラムと重量があり、初刃が3cm程残る
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が良く付き
綺麗な澄んだ地金とんり飛び焼きが入る。
刃紋:錵出来直刃に小乱れの刃が連なり、帽子、大きく丸く先尖って返る。
鎬地に飛び焼きが働く。

特徴:友朝と吉次は月山貞吉の門人で
月山貞吉の作品を多く終生手掛けt為に自分自身で制作した作品が少ない。 
しかしながら両人共刀の制作には手慣れており、
出来上がった作は師匠の貞吉とは何ら変わらない出来となる。
重量のある長寸の刀を良く破綻がなく制作したと感心させられます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ