刀:於武州江戸関善定尾吉時(刃切れがある)

ご注文番号:AS18504

刀:白鞘入り(委託品)

銘:於武州江戸関善定尾吉時(刃切れがある)
                                 
新刀:良作:武蔵                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は上作としてはにランクされる作品ですが刃切れがあります。
研磨済み
ハバキ:岩石ハバキ金色絵
刃長:65.9センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.77センチ
先幅:1.82センチ
重ね:0.59センチ
時代:江戸時代、寛文の頃
体配:身幅、重ねやや狭く反りの浅い寛文新刀の体配をした作品
切先から約21cm下の所に刃切れがあります。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き精良な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れとなり刃中煙る様な感じの刃となる
帽子、乱込んで掃掛風となる。

特徴:善定吉時は元美濃の刀工で3代頃迄続く刀工群で
綺麗な地金に互の目乱れに刃中、砂流、細かな金筋が働くが
残念ながらこの刀には刃切れがあります。
しかしながら良く見ませんと識別が出来ない程です

葵美術より一言:実はこの品物は私が購入し研磨を行った上
審査にだしたのですが刃切れがある
旨連絡がありました。よくよくみますと識別出来ない程の
刃切れが発見され特別な価格で販売を致します。鑑賞には全く問題がありません。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 100,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ