刀:於南紀重国造之

ご注文番号:18449(委託品)

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:於南紀重国造之

新刀 : 最上作 : 紀伊:良業物                        
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は於南紀重国造之としては最上作にランクされる作品です。
最上研磨済み
刃長:2尺3寸5分5厘 (71.4センチ)
反り:4分1厘(1.25センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.06センチ
先幅:2.07センチ
重ね:0.56センチ
時代:江戸時代 寛永の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りやや浅く切先が延びた作品で
茎の後部に於南紀重国造之と銘を残す。
地鉄:板目肌に大板目肌更に柾目肌が混じり地景が激しく入る
刃紋:錵出来匂口が深く直刃出来で小足が良く入り
刃中、砂流、金筋が良く働き切先は丸く返り先端は掃掛となる。

特徴:南紀重国は大和手掻派の流れを汲んだ刀工で
徳川家康の命によって徳川頼宣にしたがって紀州に移住し
その後はかの地で数多くの作品を制作した。
作風は匂口の深い大互の目乱れ濤乱刃の激しい作品から
穏やかな直刃出来の大和伝の作品が多い。 
本作はその大和伝の作風で柾目が良く入り抜群のすばらし地金を制作する。

拵:
鍔:円形の赤銅魚魚子地に虎と牡丹の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。鍔3枚
縁頭:鉄地に波の図柄を高彫りし銀の布目象嵌をほどこす。
鞘:焦げ茶色に文様を浮き立たせた象嵌をほどこす。
目貫:赤銅地に獅子の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:南紀重国は制作当時かなり長寸の作品を制作した為か
本作の如く摺上げられた作品が極めて多い。
なぜか銘を茎に残した作品が多いのは何か理由が何かと考えられますが
この地金を良く鑑賞しますと素晴らしい地金から浮き出す様な
渦を巻いた様な地金の美しさにウッットリとさせられます。
切先の丸く先に行ってから掃掛となる様な刃紋は
正に南紀重国の最高作を見る様でおりまります。

葵美術評価鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 3,700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ