刀:摂津守源忠行(2代)/(金象嵌)二ツ胴土壇入富田弥一左衛門断之

ご注文番号:18273

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:摂津守源忠行(2代)
(金象嵌)二ツ胴土壇入富田弥一左衛門断之

新刀:中上作:良業者:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は摂津守源忠行としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金色絵一重はばき。
刃長:67.0センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:3(内2個埋)個
元幅:3,04センチ
先幅:1.86センチ
重ね:0.61センチ
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反り浅く
切先尋常な寛文新刀の体配をした作品
地鉄:板目肌の小杢目肌が混じり地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来直刃、匂口やや深く明るく冴える。
帽子:丸く返る。

特徴:摂津守源忠行は初代忠綱の門人で作柄は師匠の作品に似る。
本作は裁断銘があり二つ胴土壇入富田弥一左衛門断之と
金象嵌銘があり昨今中々出てこない裁断銘の作品です。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に金の色絵で覆輪をほどこし紅葉に川の流れと
馬を高彫りし金と素銅地の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅無地に川の流れと建物を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:青貝散らし刻み鞘
目貫:馬具と鞭を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言: 最近試し切り金象嵌銘の作品が極めて入手が難しくなってまいりました。
二つ胴、三つ胴などというのは、死体を2体以上重ねて、竹杭の間にはさんでおいて試みるのである。
本作は二人の死体を重ねて試し切りをほどこし刃は土壇場に入ったという切れ味の凄まじい刀と
言えます。切りての富田弥一左衛門尉重綱は延宝の頃に活躍した切り手で
試し切りはかなり厳粛に行われ、江戸幕府の命により罪人の死体を用いて山田朝右衛門家などが
行うとされ富田弥一左衛門尉重綱も同様であり、茎に金象嵌銘を入れる為
かなり高額な料金であったと想像されます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ