刀:摂州住藤原忠行(初代)

ご注文番号:19362

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:摂州住藤原忠行(初代)

新刀:中作:良業物
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 摂州住藤原忠行(初代)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀着せ二重はばき。
刃長:69.5センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:3.0センチ
先幅:2.04センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量:655グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く切先が伸びる
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き、奇麗な地金となる。
鎬地:小板目肌やや小中居荒れた部分があるがそれほど苦にはならない。
刃紋:錵出来匂口の深い直刃出来となり刃中に砂流し、金筋が働く。
帽子丸く返る

特徴:摂州住藤原忠行は2代忠綱の弟でかなり評価の高い刀工である。
初代の作品が少ないのは恐らく忠綱の手伝いをしていたと考えられ、
出来も酷似した作品が多い。本作は直刃出来であるが
刃中の働きが素晴らしく直刃出来を堪能出来る傑作と考えます。 

拵:
鍔:木爪形の鐵鍔に龍の図柄を高彫りする。
縁頭::赤銅地、魚子仕立てい龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
小柄:赤銅地、魚子仕立てに龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色の鞘に青貝を散らした鞘。
目貫:赤銅地、魚子仕立てい龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
小柄:富士超の龍を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:摂津忠綱の弟で太郎右衛門と称し
本作は近江大掾藤原忠広の作品に似る。
又師匠の忠綱に良くにた刃紋であります。鎬地に若干の鍛え瑕があるが
苦にはならず、本作は地金も良く刃紋も匂口の深い直刃で
拵えも龍の一作拵えが付いております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:480,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD

 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ