刀:康光

ご注文番号:AS17464

刀:白鞘入り、拵え付き(特別貴重刀剣)(特別保存刀剣)(委託品)
銘:康光

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は康光としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着二重
刃長:73.1センチ
反り:2.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.91センチ
先幅:1.79センチ
重ね:0.66センチ
時代:室町時代初期
体配:身幅、重ね尋常な反りの深い生茎の
反りの深い太刀姿をした作品で表裏に棒樋をほる。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵が付き地景が入り地には映りが現れる。
刃紋:錵出来直刃、小足が良く働き足の匂口が柔らかく朝霧の雰囲気を醸し出す。

特徴:康光は盛光と同様に室町時代初期頃に活躍した刀工で応永備前の筆頭といえる刀鍛冶です。
特に地金に潤いがあり特に脇差、短刀の制作が多く眺めの刀の作品は少ない。

拵:
鍔:竪丸形の赤銅魚子地鍔に桐紋を透彫りする。
耳には龍を彫り金で色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚子地に多様な家紋を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:龍の図を高彫りし金色絵(金無垢?)

葵美術より一言:応永備前の代表格は盛光と康光と言われております。  
寸延び短刀や短めの脇差の制作が圧倒的に多く刀の制作は極めてすくない。  
本作は73.1cmとやや長寸で反りが深く体配の良い作品と言えます。
良く練れた地金に映りが現れ刃紋は直刃出来に足が良く入るなど古刀の面影が良く見てとれます。生茎であるのも貴重でお薦めしたい作品です。

時代背景:足利義満は、土岐康行の乱や2年の山名氏を挑発して蜂起させた明徳の乱、さらに応永期の応永の乱で有力守護大名を討伐して将軍権力を固めていく。
1392年(元中9年/明徳3年)には北朝が南朝の持つ三種の神器を接収し、後亀山天皇が退位して南北朝合一が成し遂げられ、元号も明徳に統一された。

特別貴重刀剣鑑定書
特別保存刀剣鑑定書(2018年12月合格、証書待ち)
葵美術評価鑑定書:全身押し形
    
オークション開始価格: 3,500,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ