刀:幕府臣川井久幸 75歳作

注文番号:16541
刀:白鞘入り (保存刀剣) (委託品)
銘:幕府臣川井久幸 75歳作
文政7年2月飯田近禮佩之
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は川井久幸としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み かなり上手な研磨師によって研磨されております。
はばき:銀一重
登録証番号:東京都179038号
交付年月日:昭和48年6月18日
刃長:69.2 cm (2尺3寸)
反り:2.3 cm (7分6厘)
目釘穴:1個
元幅:3.04 cm
先幅:2.04 cm
重ね:0.75 cm
時代:江戸時代末期頃 文政7年(1824年)
体配:身幅、重ね共にしっかりとした刀で表裏の棒樋を彫り反りが深く付き切先の延びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き綺麗な肌合いとなる。
刃紋:錵出来互の目乱れに砂流が良く掛かり足が働き刃中砂流が入り帽子乱れ込む。
特徴:川井久幸は本名を川井亀太郎と称し、士分格(武士階級)であることから「幕府臣」と銘を切る。斬れ味をとりわけ重視して研究し、細川正義門で学んだ後に一貫斎義弘にも学び、評価の高い作品を制作する。
なを川井家は幕府の名の知られた侍で槍の制作も多く、地味ではあるが地鉄が良く刃紋に至まで斬れ味にこだわった作品を制作する。
本作は飯田近禮による注文打ちで、流石美しい地鉄と変化に富んだ互の目乱れを焼き上げている。
幕府臣川井久幸と唱えた体配の良い注文打ちの作品を是非御薦め致します。彼の作品の中でも傑作といって良い作品です。是非お求め下さい。 
佩刀した飯田近禮は文武に優れていた武士であったらしく、浅井方勝と共に諸家姓氏元祖傳の編纂にあたったと考えられます。
時代背景:文政7年5月、大津浜事件。英国の捕鯨船員12名が常陸国大津に上陸し、水戸藩に逮捕される。当時日本は鎖国していた。
船内に壊血病者がいたことから新鮮な野菜や水を補給するために上陸したことが尋問からわかり、水戸藩はこれらを船員たちに与えて船に帰した。
この事件は翌年の異国船打払令の一因となった。
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格 750,000円(消費税、送料共)
ご注文はこちら
—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ