刀:川部藤三郎水心子正秀(花押)(3代) 元治二年二月上浣/活人剣 殺人刀 明珍雪衛紀宗矩所持

注文番号:10115
刀:白鞘入り(保存刀剣)(特別貴重刀剣)
銘:活人剣 殺人刀 明珍雪衛紀宗矩所持
川部藤三郎水心子正秀(花押)(3代)
元治二年二月上浣       
          
新々刀:良作:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 川部藤三郎水心子正秀としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:74.4センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:2個
元幅:3.26センチ
先幅:2.5センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代末期
体配:身幅が広く重ね厚く三つ棟となり表裏に
棒樋と添樋を彫り反り適度に付き大切先となる。
地鉄:小錵出来よく詰んで地錵が付き綺麗な澄んだ地金となる。
刃紋:錵出来、匂口の深い互の目乱れに尖り互の目乱れを
交え、刃中、砂流、金筋が働き帽子匂口深く丸く返る。
特徴:本作は川部藤三郎水心子正秀は心子正次の子で
出来は初代の初期作に酷似した作品です。 
身幅が広めで表裏に棒樋と添樋を彫り
大切先となった体配の豪華な作品です。
葵美術より一言:本作は明珍雪衛紀宗矩所持と所持者銘があり
更に 活人剣と殺人刀と彫られております。
活人剣とは不義、不正、迷いなどを切り捨て人を活かす正しい剣といわれている。
殺人剣ともいう。仏教の禅宗でいう修行者の指導法で
剣法の真剣に例えたものであり相手を受け入れて進ませるのを
活人剣という。逆に厳しく突き飛ばすのを殺人刀という。
作品は健全で匂口の深い出来の良い作品です。
是非剣道などを行う方にお薦めしたい名品です。
保存刀剣鑑定書
特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格: 1,200,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ