刀:山田真義

ご注文番号:18612

刀:白鞘入り、陸軍軍刀拵え付き

銘:山田真義 
                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は山田真義としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:軍刀はばき
刃長:65.4センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.13センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.62センチ
時代:昭和 戦時中
体配:身幅が広く重ねをやや薄くして平肉を落として
切れ味を重要視して制作された刀。
地鉄:小板目肌良く詰んで綺麗な澄んだ地金となる。
鎬地:細かな綺麗な柾目肌で鎬地を覆って地と鎬地を意識的に変えている。
刃紋:錵出来丸みを帯びた互の目乱れに
足が良く入り刃中に金筋が長く働く。帽子:丸く返る。
刀身重量:725グラム

特徴:真義は加藤一太郎と称し、目黒に居住し
元陸軍受命刀匠で腕が良く陸軍軍刀技術奨励会会長賞を獲得する。
大東亜戦末期の刀匠序列の鍛練の部では序列41位となっており
試断の部では会長賞1位を取得しております。

拵:陸軍軍刀拵え

葵美術より一言:戦後は遠くなりましたが、当時の切れ味を重視して
制作した日本刀を顧みてみるのも興味があることですね。 
かなり好評価さらたものの戦争に破れに本当は不要な長物として見なされ
やがては総て忘れ去られようとしてしている現在昭和刀を是非見直して見よ うと思います。
本作は身幅が広く重ねやや薄めに平肉を落として切れ味を重要視して
制作された作品で刃中に長い金筋が入る等で記の良さを見て取れます。 
特に鎬地と平地に変化を持たせたのは切れ味を良くする工夫に長けていたと考えられます。 

刀匠:山田 真義より一言:私は戦時中に刀剣の制作を行っておりました。
当時は需要が多かったため数多くの刀匠が刀剣の制作に励んでおりました。
私は切れ味を最重要視しまして身幅を広くし、重ねを薄く平肉を落とし
更に平地と鎬地に差をつけ細かな柾目にしました。
目標は当時でも評判のあった新々刀の周防国青龍軒盛俊先生を目標に頑張り
茎も長めに軍人さんが手持ちの良さを考えて制作しました。
切れ味(試断)の部で会長賞1位を獲得したのは私にとって誇りでございます。
当時一生懸命制作した私の刀が愛刀家の方に愛蔵されます事を願っております。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ