刀:定利と銘がある。

注文番号:17463(委託品)

刀:白鞘入り(特別貴重刀剣)
銘:定利と銘がある。

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は定利としては上々作にランクされる作品です。

上研磨済み
はばき:金着二重
登録証番号:新潟1754
交付年月日:昭和26年3月31日
刃長:2尺3寸5分(71.21 センチ)
反り:9分(2.7センチ)
目釘穴:3個
元幅:2.93センチ
先幅:1.88センチ
重ね:0.58センチ
時代:鎌倉時代
体配:生茎で身幅、重ね尋常な反りが深く付き切先やや延びる。表に素剣と梵字、裏には二筋樋と梵字を彫る。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が練れて地錵が厚く付き淡い映りが表れる。
刃紋:小錵出来、小丁字乱れが連なり足が細かく柔らかく刃入り刃中、砂流、金筋が良く働く。帽子乱れ込んで先、焼詰めとなる。

特徴:堂々とした体配でうつ伏せごころとなり、いかにも鎌倉時代初期の体配をした作品です。
定利は山城国・綾小路(あやのこうじ)と称されるが本作はその刃紋の出来から古備前にも思える作品です。

葵美術より一言:いかにも鎌倉時代の体配をした作品で反りが深く付き先にいき、うつ伏せ心となり体配の素晴らしい作品です。
切先に割れがあるのは惜しまれますがまずは出来の良い作品です。
銘は極めて良く切れているが御委託品の為当社では銘無保証とさせて頂きます。

特別貴重刀剣(昭和36年度)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,750,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————

ページトップ ご注文フォーム お問合せ