刀:姫藩士源秋利造/慶応三年二月日

ご注文番号:18362

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:姫藩士源秋利造
慶応三年二月日

新新刀:播磨
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:71.4センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個 
元幅:3.17センチ 
先幅:2.42センチ
重ね:0.67センチ 
時代:江戸時代末期
体配:生刃を残した身幅やや広め重ねの厚いがっしりとした刀で反り適度に付き切先やや延びた健全な刀。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付く。
刃紋:錵出来、互の目乱れに丁字乱れが混じり足、良く入り帽子、乱れ込む。

特徴:姫藩士源秋利は播磨の刀工で姫路に住し元姫路城の侍鍛冶として活躍
した刀工であるがやがて慶応3年に続いて明治となり廃刀令の為刀工として継続が出来なかった。
なかなか良い出来であるのに惜しまれる。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




ページトップ ご注文フォーム お問合せ