刀:奥州住長吉造/寛文九年二月一日

注文番号:18091

刀:白鞘入り(保存刀剣)(委託品)

銘:奥州住長吉造之
寛文九年二月一日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は奥州住長吉造としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地金色絵一重はばき
刃長:69.7センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:1個
元幅:2.96センチ
先幅:2.16センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常なそりやや深く切先が延びた体配の良い作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き澄んだ精良な地金となる。
鎬地:細かな柾目肌に板目が混じる。
刃紋:小錵出来、丁字乱れ高低に変化があり明るく
冴え全体として皆焼となり
鎬地にも焼きが入る。帽子、丸く返る。

特徴:奥州住長吉造は文字通り奥州の刀工で作品の数は少なく
恐らく有名な刀工の作品の代作や手伝いを行った刀工と考えられ
出来の良い作品でありながら作品数が極めて少ない。
葵美術より一言:奥州鍛冶で皆焼の作品は珍しく注目される刀工です。
銘は切り慣れていない為か丁寧にぎこちなく切っているのが微笑ましい。
地金が良く詰んで美しく刃紋は皆焼になる等珍しい作品と言えます。  
瑕や欠点がなくまずまず出来の良い作品と言えます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格: 600,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ