刀:大和守安定

ご注文番号:18517

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)
銘:大和守安定
鞘書:大和守安定 三ツ胴
新刀:上作:良業物:武蔵

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は大和守安定としては最上作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:金着一重 
刃長:2尺5寸(75.8センチ)
反り:5分5厘 (1.67センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.07センチ
先幅:2.11センチ
重ね:0.73センチ
刀身重量:810グラム
時代:江戸時代寛文頃1648年
体配:身幅広く重ね厚く反りやや深く付き切先、やや延びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な詰んだ地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ、匂口が深く、刃縁柔らかく足柔らかく太めに働く帽子のたれて丸く返る。

特徴:大和守安心定は本国は越前で日に江戸に移住し神田白金町に居住し姓は飛田と称し通称宗兵衛と称する。
藤代刀工辞典によると山田浅衛門選では良業物となっているが恐らく切れ味に於いては随一の作者であろうと記載されております。
通常反りが浅く切先の短い寛文新刀の体配をしておりますが本作は反りやや深くと付き切先が延びた体配の良い作品となります。

拵え:
鍔:銀地木爪型鍔に耳を立ち上げ梅の古木に梅の花を咲かした図柄を彫る裏にも同様に梅の木の枝に梅の花を彫る。
銘:渡辺一誠鍔渡辺一誠は船田一琴に師事する。38歳で独立をして会津若松で開業する。晩年には利信と名乗り明治5年の生存を確認陸奥国岩代住。
目貫:銀地と赤銅地で波と兎の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。因幡の白ウサギ。裏の目貫は蒲の穂を描いた物と思われる。
縁頭:銀地で波の図柄を彫る
鞘:黒呂色鞘に一部殊をいれる。

葵美術より一言:武蔵国は江戸時代に入り徳川家康が居城を構えた事により諸国の大名、刀工が従随し、大いに発展した。
大和守安定は武蔵の刀工で初代康継の門。
初代康継は藩主の封転に伴い福井へ移住し、後に徳川家康から葵紋と「康」の字を賜った江戸幕府お抱えの名工として名高く、江戸で安定との合作も残している。
安定は明暦元年(1655)に伊達家に招かれ奥州仙台で奉納刀も製作した。本作は長寸であり身幅、重ね厚く反りが通常より深く付き切先もながい体配の良い作品です。
本作の出来は重要刀剣にも匹敵した作品で錵が深く刃縁柔らかく最上級の出来を示しております。
小さな擦れ傷等ございますので、再度研磨および茎のお手入れをする事で見違える作品となるでしょう。

特別保存刀剣鑑定書 
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 2,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ