刀:大和国藤原道晴

ご注文番号:19633

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:大和国藤原道晴

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は大和国藤原道晴としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:68.5センチ
反り:0.2センチ
目釘穴:2個
元幅:3.34センチ
先幅:2.5センチ
重ね:0.85センチ
刀身重量:1065 グラム
時代:江戸時代末期
体配:身幅が広く重ね厚く反り浅く切先やや長めとなる。
約1寸ほどの区送があります。
地鉄:小板目肌よく詰んで無地に近い地金。
刃紋:錵出来小互の目乱れに直刃を焼き足よく入る。

特徴:道晴は大和国となのっている所から大和で制作していたと考えられるが
幕末となり各地でも製作していた様であります。
いずれもがっしりとした作品で反りが浅い作品が多く
幕末時代に流行した体配の作品です。

葵美術より一言:幕末の激しい時代背景に出てきた大和の刀工であります。
豪壮な作品が多く当社でも何度か取り扱った作品です。 
がっしりとした実用的な作品で重量もあり試切りを行なうにはもってえこいの作品と考えます。
勤王派と佐幕派に分かれて戦った時代を思い健全な作品を是非お求め下さい。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 370,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ