刀:因州住藤原兼先(初代)

ご注文番号:17672
刀:白鞘入り、拵え付き(特別貴重刀剣)

銘:因州住藤原兼先(初代)  

新刀:中上作:因幡
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は因州住藤原兼先としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地金色絵二重
刃長:70.3センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:3.02センチ
先幅:2.04センチ
重ね:0.68センチ
刀身重量: 690グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねしっかりと反りやや深く
切先が延びた寛永頃の体配となる。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地鉄となる。 
差裏、刃区より10cm程度の地に鍛え瑕があるが目立たず気にはなりません。 
鎬地には板目肌に柾目が強く現れる
刃紋:錵出来直刃に二重刃が交り、物打ち近辺から
匂口深く二重刃となり帽子丸く焼き下げる。

特徴:因州住藤原兼先は宗十朗兼先の子にして同宗十朗兼先と称する。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に多くの10人の武者が戦う図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。藻唐子一派
縁頭:赤銅地に賢人を高彫りし金の色絵をほどこす。中国からの物語  藻唐子一派
鞘:黒呂色鞘に5ミリ程のストライプを入れた鞘
目貫:鎧の袖を高彫りし金の色絵をほどこす。  藻唐子一派

葵美術より一言:兼先は因州の刀工で五代迄続く刀工群で、
鳥取、島根は良質な砂鉄が出る為出来の良い日本刀が製作されている。  
本作は反りが深く。切先が長い体配の良い作品で地金が綺麗で
直刃、刃紋に二重刃に刃中、働きの多い作品です。
また拵えは藻唐子一派の統一した揃いの作品で出来も良い。

特別貴重刀
保証:保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ