刀:出雲守藤原吉武

ご注文番号:22015
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:出雲守藤原吉武                                
享保五庚子年二月日

新刀:中上作:業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は出雲守藤原吉武としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:71.2センチ
反り:3.1センチ
目釘穴:2個
元幅:3.30センチ
先幅:2.35センチ
重ね:0.83センチ
頭身重量.965グラム
時代:江戸時代 亨保頃
体配:身幅3.3cmで重ね0.83cmとがっしりとした作品で反りが3.1cmと優美な体配を持ち切先大きく、見事な体配をした作品で表には頂禮  八幡大軍神とほり裏には二筋樋を彫る。
地鉄:小板目肌肌立ち肌目をよく見て取れる
刃紋:沸出来直刃の互の目乱れを焼く。 
帽子、丸みを帯びて先小丸に返る。

特徴:吉武二代は越前3代国次の3男でこちらは享保五年に製作した作品で姿が美しく反り二筋樋を彫り更に反対側には頂禮  八幡大軍神と彫る。 見事な彫りです。堂々とした作品で体配がよく瑕欠点のない素晴らしい作品ですので是非お勧めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:1,350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ