刀:冬広作

ご注文番号:AS20104

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:冬広作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は冬広作としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み 上々研磨済み
はばき:金着せ二重
刃長:2尺1寸3分(64.54センチ)
反り:6分(1.8センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.15センチ
先幅:2.6センチ
重ね:0.8センチ
刀身重量:735グラム
時代:室町時代末期天文の頃
体配:身幅やや広く重ね厚く鎬地を削いで
棟は狭く反りが深く付き大切先となる。
表裏に茎近辺から上品な細い樋を表裏に彫る。
地鉄:小板目肌の小杢目肌が良く練れて肌立ち
地錵が良く付き細かな地景が入る。
刃紋:錵出来。互の目乱れに小互の目乱れが混じり
小足に葉が働き刃中、砂流し。金筋が働く。
帽子、乱れ込んで先火炎風に掃掛けとなる

特徴:冬広は若狭の刀工で相州広次の子供で
後に若州に移住し相州伝の混じった作風を特徴として
数多くの作品を制作する。

葵美術より一言:本作は鎬地を削ぎ落とし
反りが深く付き大切先の体配の良い作品で
地金が良く練れて精良な地金となり、明るく冴えている。
茎の錆色も良く鑢目がはっきりと見え、地金の良さが判別出来ます。
刃中の働きや帽子の刃紋は新刀とは明らかに異なり
変化に富んで素晴らしい地金と相まって
しっかりとした刃紋ですのできっとご満足頂けると思います。
戦国高禄を食む武将がきっと保有していた刀であろうと考えられます。
野趣に富んだ作分でありながら品位を感じさせる見事な刀です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 600,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ