刀:備州長船清光

ご注文番号:19609

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:備州長船清光

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備州長船清光としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重ハバキに刻みを入れる。
刃長:2尺2寸7分(68.79センチ)
反り:7分2厘(2.18 センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.03センチ
先幅:2.08センチ
重ね:0.71センチ
刀身重量:770 グラム
時代:室町時代末期頃
体配:生茎で目釘穴一個、身幅がやや広めで重ね厚く
反りが深く付き切先が延びた一見鎌倉時代の体配に似た
体配の良い姿をした作品です。
地鉄:杢目肌が良く練れて地錵が付き地景が入り、映りが鮮明に働き潤いのある地鉄となる。
刃紋:錵出来。直刃に小足、葉が働く。帽子は丸く返るが刃紋に繕いがある。

特徴:備州長船清光と備州長船祐定は室町時代末期の備前で最も多量に刀剣を製作されていた。
祐定に比較して丁寧に製作されていた点が注目される。
本作は帽子は書き帽子とはなっておりますが、幾星霜を経て製作された
目釘穴一穴であり地金も良く刃紋も働きのある見事な刃紋であります。
是非戦国時代に製作された欠点の少ない刀で反りが深く
体配が良い目釘穴1個の作品を是非御薦め致します。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ