刀:備州住宗久(と銘が有る)

ご注文番号:06328

刀:拵え入り

銘:備州住宗久(と銘が有る)                     

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備州住宗久と銘が有る。としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:2尺5寸4分(75.8センチ)
反り:4分 (1.212センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.15センチ
先幅:2.18センチ
重ね:0.73センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反り
やや浅く切先、長めの寛文体配
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き
綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ足良く入り
刃中、砂流が盛んに働き金筋が入る。
帽子:のたれて丸く返る。

特徴:備州住宗久は室町時代永正頃の刀工ですので
刀の出来から銘は正真とは考えられない
反りの浅いがっしりとした作品ですので
江戸時代寛文新刀の作品と考えられます。
当社では尾張の信高、又は美濃の信貞当たりの作品と考えられます。
出来はしっかりとした作品で鎬地は古刀らしい板目と
杢目が交じり柾目が少なく古作写しとなります。
出来は室町時代の宗久の作品より遥かに優れております。
真面目な刀を摺上げて宗久といれた事が惜しまれますが
出来の良い作品でしっかりとしておりますので
高級居合刀として観賞用として大切に保存して頂ければと思います。
戦時中に家宝として長く持ってきた日本刀を戦地に向かう
息子の将校として任官する門出に武運長久を
祈って手渡した刀であったと考えます。
通常の刀拵えに鞘は茶色の皮を巻き戦地に赴いたのでしょう。
薄錆が少し出ておりますので、研磨することでより良くなります。

拵:
鍔:大振りの木爪型鉄鍔に文様を彫る。天保鍔。江戸時代後期
縁頭:鉄地に文様を彫る
鞘:革で覆われた鞘。鯉口部分に欠けた部分があります。
目貫:赤銅地で槍を収めた拵え?を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:偽名ではありますが
銘を取り去り再度鑑定にだせば保存刀剣が合格出来る事を保証致します。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ