刀:備前国住長船清光

ご注文番号:AS21223
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:備前国住長船清光
永禄二年八月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備前国住長船清光としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:70.4センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:1個
元幅:2.8センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量: 750グラム
時代:室町時代永禄2年
体配:身幅、重ね尋常で反りが深くつき鋒、
伸びごころの体配の良い姿をした刀。
地鉄:小板目肌に小木目肌がよく混じり
地沸がつく映りが現れ綺麗な地鉄となる。
刃紋:沸出来、直刃に足、葉が働き匂口深く帽子一枚風に返る。

特長:本作は備前国長船住長船清光と銘を切った作品で数打ち物とはことなり丁寧に制作された作品です。
銘はもちろんきちんとしており、地金と刃紋もとても丁寧に制作されております。差面の中程に1箇所差裏の鋒した近辺に瑕がございますがそれほど悪くはないと考えます。

拵:
鍔:鉄鍔に賢人と虎が横たわる図に松の木と
滝から流れる波を高彫し金で色絵をほどこす
縁頭:鉄地の武者を高彫し金で色絵をほどこす
鞘:こげ茶色鞘
目貫:鉄地に馬の乗る武者を高彫し金で色絵をほどこす

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 750,000円

ご入札はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ