刀:備中国水田国次

ご注文番号:18485

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:備中国水田国次

備中国水田国次 出来傑出の一也 刃長貳尺四寸三分有し 寒山先生鞘書

新刀:良作:備中
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 備中国水田国次としては最上作にランクされる作品です。
上々研磨済み
はばき:金着一重
刃長:73.7センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.18センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.78センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が3.18cmと広く重ね厚く
反り浅くがっしりとした刀で大切先となる。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き黒味を帯びた肌立つ地金で地景が働く
鎬地:板目肌に柾目が混じり所々焼きが入る
刃紋:錵出来匂口の深い互の目乱れとなり荒錵で
大互の目乱れ濤乱刃風に高低があり、物打ち付近から
匂口深い直刃乱れに足が良く働き
帽子乱れ込んで先丸く返り焼き下げる。棟焼が切先から棟区まで続く。

特徴:備中国水田国次は水田国重に入門し、
その作風を完全にマスターし独自でその作風を守り制作してきたと考えられます。
大与五、大月市蔵国重の俗名打ちにはひけを取らない名品です。 

拵:
鍔:円形の四分一地に刀を振り上げる武者と
老人の図柄を高彫りし金の色絵と素銅地をほどこす。
銘:玉雲斎政寧(まさやす)  蒲田氏と称し武州岩槻藩士で
刀剣や金工作品の鑑定にひいでた。寛政2年9月25日になくなる。
縁頭:四分一地に鬼鍾馗と思われる人物に豆を鬼に向かって投げる
豆蒔の図をユーモラスに高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:変わり塗り鞘
目貫:鬼と鍾馗様の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:水田国重は独特な雰囲気を有し
荒錵の匂口深い互の目乱れや直刃を焼き鎬地にも焼きが入る荒々しい作品を制作する。
本作は荒い錵出来で大互の目乱れを焼き濤乱刃となり
更に物打ち近辺から錵が深く付いた太直刃を焼き足が良くはいるなど
水田一派の最も激しい作品で制作している。鎬地には焼きが入り
水田国次の最上級の作品で寒山先生の鞘書にもその様記載されている。 
拵えも良く出来ております。
備中国水田国次の最上傑作品を是非お求め下さい。

特別保存刀剣鑑定書:葵美術正真鑑定書
全身押し形付き

価格: 1,400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ