刀:但馬守法城寺橘貞国

注文番号:17443
刀:白鞘入り(特別保存刀剣)
銘:但馬守法城寺橘貞国
新刀:上作:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は但馬守法城寺橘貞国としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀一重
登録証番号:神奈川56237
交付年月日:昭和49年7月3日
刃長:60.2センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:2個
元幅:3.13センチ
先幅:2.2センチ
重ね:0.825センチ
時代:江戸時代万治の頃
体配:身幅が広く重ね厚く表裏に棒樋を彫り、
反りが深く体配の良い姿をした作品。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き精良な地鉄となる。
刃紋:匂口の深い直刃で足が盛んに働き匂口深く、
朝霧を思わせる柔らかな雰囲気を醸し出し帽子丸く返る。
特徴:但馬守法城寺橘貞国は法城寺一派に属し、
法城寺国光を始祖とし江戸に於いて大いに活躍する。
江戸法城寺一派には正弘・正照、吉次、等がおり
虎徹に酷似した刀工が寺橘貞国といって良い。
本作は身幅広く重ねが厚くがっしりとした作品で
通常より反りが深く付き刃紋は虎徹の如く働きのある作品です。
特別保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形
価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ